青汁を溶かして飲む

青汁には冷凍や粒やゼリーなど色々な形状のものがありますが、多くは粉タイプの溶かして飲むタイプです。基本的には水に溶かして飲むのですが、他のものに溶かすとどういう効果があり、味はどうなのでしょうか。

まずは有名どころの牛乳、牛乳は意外にカロリーが高いのですが、脂溶性ビタミンの吸収をよくしてくれますしビタミンDと一緒に摂ることでカルシウムの吸収がよくなります。また口当たりがまろやかで飲みやすくなるという利点も。

次に同じく口当たりがまろやかになり、手軽に飲める豆乳です。豆乳自体にもちょっとくせもありますが青汁のくせと相まって相殺される部分もあったり…牛乳と同様にたんぱく質もアップしますし、植物性で満腹感も持続します。イソフラボン効果にも期待できます。

他に美味しいものはカルピスやリンゴジュース、もちろんスムージーやミックスジュースに青菜の感覚で入れも良いですし、気分を変えてホットで飲むのもなかなか美味しいです。

変わったところではコーンスープなどのポタージュ類や味噌汁もおすすめです。マンネリ化したら色々試してみるのも楽しいですね。