フリーズドライと冷凍の青汁

手軽にのめてポピュラーで安価な粉末タイプも便利ですが、他にも色々な形状のものがあり、フリーズドライや冷凍の青汁があります。

冷凍のものは絞り縦たての青汁をそのまま冷凍したものと、水分を減らして容量を小さくしてある濃縮タイプがあります。前者は水かぬるま湯にさらすか自然解凍、後者はお湯や水を加えます。電子レンジの使用は注意書があったり禁止なものもあるようです。高温はビタミン類の効果が軽減しますので注意がいるのですね。

冷凍庫で保存して、飲む時に都度解凍して飲みます。冷凍青汁は1から自宅で作るのは難しいけれど、青汁本来の風味を楽しみたい人に向いています。鮮度が良い分くせもつよくて喉ごしもしっかりしています。

フリーズドライのものは絞りたての青汁を真空凍結したもので高熱処理を行っていない分、栄養価の損失がほとんどありません。普通の乾燥のものと違って野菜の組織が乾燥前の状態で残っているため、水で戻りやすくなっています。会社によっては繊維が取り除かれたものもありますが、生に近い喉ごしや風味を手軽に楽しみたい人に向いています。

いずれも粉末や錠剤に比べて生に近い状態ですので、自分の好みによってチャレンジするのも良いのではないでしょうか。

冷凍青汁は少し上級者向けとも言えますから、まずは粉末タイプの青汁からはじめてみるというのも良いかもしれません。